orSign up

Follow us:
wechat

【Multilingual】5 expats discharged in Guangdong

2020-February-14       Source: Newsgd.com

The Pakistani student under the Chinese name Wei Xing was cured and discharged from the Guangzhou No.8 Hospital at 10 a.m. on February 12th. He is the first foreign patient to have recovered from the novel coronavirus pneumonia in Guangzhou. A total of 5 expats have recovered to date in Guangdong.

広東省で5名の外国人患者が治癒·退院

 2月12日午前10時ごろ、広東省で新型コロナウィルス肺炎と診断されたパキスタンの留学生魏星さん(仮名)が治癒して広州市第八人民病院から退院しました。これは広州市で治癒した初の外国人患者です。これで、広東省で合計5名の外国人患者が治癒し退院しました。

 2月12日24時現在、広東省で新型コロナウィルスによる肺炎感染者は累計で1241人が確認されています。12日は新たに22人が確認されました。治癒·退院した患者は累計284人で、死亡者が累計2人になります。また、感染の疑いがある人は123人で、3123人の濃厚接触者が現在医学観察を受けています。

 紹介によると、魏星さんは1月中旬に旅行のため武漢市から広東省に移動し、26日に発症しました。27日、広州市疫病抑制センターの実験室で魏さんの咽頭スワブを検査し、結果が陽性だとわかり、28日に魏さんを広州市第八人民病院に入院させ隔離治療をしました。 医療スタッフによる慎重な診断と入念な治療を受け、魏さんの体温が徐々に正常に戻り、2月5日と8日の咽頭スワブ核酸検査の結果がすべて陰性となったので、国が発表した「新型コロナウイルスによる肺炎感染に関する診断·治療ガイダンス」に従って隔離が解除され退院しました。

 広東省人民政府外事弁公室羅軍副主任の話によると、中国外交部と広東省政府は、パキスタン人患者を含む広東省在住のパキスタン人の状況を非常に懸念しています。魏さんが感染した後、広東省政府外事弁公室が在広州パキスタン総領事館と連絡をとっているほか、広東省衛生健康委員会が患者を収容した病院に全力で治療活動を行うよう指導しました。これから、広東省政府および関係部門は引き続き広東省在住の外国人の防疫、安全および健康を保障し、できる限りの支援を提供します。

Previous 1 2 3 4 ... 9 Next

Editor: Monica Liu

Scan to share on WeChat

Scan to follow us on WeChat

0
Related News
Most popular
Day |
Week |
Month
Key Words

Home|About us|Contact us|Southcn.com

WWW.NEWSGD.COM. All rights reserved.

WWW.NEWSGD.COM. All rights reserved.|Registered number 020074| 粤公网安备 44010402000511号|ICP备案号 粤B-20050235-8